プラダの歴史

プラダの歴史は、1913年にプラダ創始者であるマリオ・プラダがミラノに皮革店をオープンさせたことが始まりとなります。

マリオはアメリカ、ヨーロッパで旅をしながら、数々の一流品を集めました。銀器、皮革製品、クリスタル、また貝殻で出来たアクセサリーなどが上げられます。

それらを素材とした鞄をつくり、イタリア王室の御用達になります。そしてミラノの上流階級の間でも人気となりました。
マリオは1958年の年に、亡くなります。

その後、店を継いだのが娘のルイーザ・プラダです。伝統店として経営は続いてゆくものの、時代の変化とともに物の価値観などが違ってきます。そして倒産寸前にまで追い詰められることになります。

1972年はパトリツィオ・ベルテッリと共同ビジネスが始まります。

そして1978年、ファミリー・ビジネスがスタートします。このスタートは再びファッションブランド界の前線に返り咲くおおきな一歩となりました。マリオの孫娘にあたるミウッチャ・プラダと、その夫のパトリッツィオ・ベルテッリが引き継いだことで事業は成功します。

ミウッチャ・プラダと、パトリッツィオ・ベルテッリは軽くて丈夫なバックを開発します。そのバックは防水性にも優れ、ボコノを使ったバックが誕生しました。

1980年代、プラダのブランド名を冠した三角プレートが、プラダのシンボルマークとして広く知られるようになりました。初期はゴールド・チェーンがついたバッグが流行し、現代はクロのトートバッグの人気が高く定番となっています。

1983年はシューズを開発します。つま先やソールのラインに独特なデザインを施し、微妙な色合いの革を組み合わせたシューズは人気となりました。

1988年はプラダレディースコレクションを発表します。翌年、1989年はウェアラインがスタートします。

そして1993年にセカンドラインのミュウミュウを発表します。このミュウミュウのブランド名はミウッチャの子供時代の愛称から名づけられました。
1994年はプラダメンズコレクションが開始となります。

1998年はプラダ・スポーツを発表し高い人気を得ることになります。
その年の秋にはアクティブスポーツというスポーツラインを登場させました。

アクティブスポーツは赤いラインが特徴になっています。これは2000年より参加したヨットのアメリカズカップで、プラダ号のセールになりました。 アメリカ杯への参加後はアクティブスポーツもPRADA SPORTSとなりました。

プラダスポーツは黒やグレーを中心とし、そのカラーに赤のラバーロゴがトレードマークとなっています。
都会的なスポーティー・カジュアルとして注目を集めます。

また、基礎化粧品はプラダのビューティラインとして発売されました。

プラダは、世界中から注目される人気ファッションブランドとして成長し、今も魅力的なアイテムを次々と発表しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。